脳はいつでも刺激を求めている。どうすれば顧客の脳を刺激して購買意欲をかきたてることが出来るのか?


    脳はいつでも刺激を求めている。

    あなたはどうしても買ってしまいたい衝動に駆られたことはないだろうか?

    さっきまでは「ふーん」と一応気にしてはみたけれども一度はスルーして、あるきっかけで「どうしてもほしい!」と思って買ってしまった経験はないだろうか?

    買ってよかったと思うときもあるし、損してしまったと思うときもある。我々はいつも販売者や広告から脳を刺激されてものを買ってしまうのだ。

    どうすれば顧客の脳を刺激して購買意欲をかきたてることが出来るのか?

    • 期間限定
    • 無料
    • 特典付き
    • 地域限定
    • 脳が喜ぶ数字「8」

    あなたが思わず買ってしまうようなキーワードばかりでしょう。でもこのキーワードをあまり使いすぎても効果はありません。ここぞというときに使う必要があるのです。

    どのようにすれば購買意欲をかきたてることができるのか?

    どのようにすれば顧客の脳を買う気にさせるのか?

    これらのノウハウは実業ではもちろん、ネットでも大いに活用できます。

    Aさんのブログからはあまり商品が売れずに、私のブログからはなぜ飛ぶように商品が売れるのか?

    実は巧みにこのテクニックを使っているからなんです。

    現代広告の心理技術101」とはまた違った切り口の内容なので、合わせて勉強するとさらに良い記事が書けるようになるでしょう。

    脳科学マーケティング100の心理技術

    脳に刺激を与えて買う気にさせる100のテクニック

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう


    友だち追加数

    LINE@でも気軽にメッセージ、相談受けています。

    SNSでもご購読できます。