無職から年収500万円になった高単価集客の戦略とは?

ウツでも食だった私は・・・

  1. 無職から年収500万円に
  2. ブログを更新しなくても高収入が発生する
  3. 好きな時間に寝て好きな時間に起きる
  4. 月2回のペースで旅行
  5. ウツから回復してストレスなし
アフィリエイトカフェの収益とアクセス数を公開してていねいに解説。

YOAKE WEB無料『高単価報酬講座』

  1. 追加特別講座の動画視聴

  2. 3,900円の有料講座『高単価報酬仕組み化講座』プレゼント

  3. 報酬単価基準1万円の無料オファーの招待あり

  4. 初報酬獲得までのサポートあり

  5. 初報酬獲得者に毎月先着5名に5000円のAmazonギフト券をプレゼント

  6. それ以外の初報酬獲得者にも1000円のAmazonギフト券をプレゼント

詳しくはコチラ

コピーライティング講座

ダイレクト出版の怖い広告の真相とは?

2018年4月3日

ダイレクト出版の怖い広告

この出版社の広告は特にFacebookでよく見かける。

少し、いや、かなり不気味な広告なのだ。

不快感というのは人の心の隙間に突き刺さる。
それが良いか悪いかは別として、かなりの人が目を止めるのだ。

さらに本を買うとスパムメールが届くという噂もあるが・・・実際はどうなのか?

ダイレクト出版の秘密を話します。

ダイレクト出版の無料本を購入するとどうなるのか?

ダイレクト出版の無料の本を申し込むと・・・

まずは初心者的な内容から紹介する。

本は無料・送料手数料 550円のみで本を買うことができるものがある。

つまり550円でダイレクト出版の本をお試しできるわけだ。

本を購入するとすぐにバックエンドオファーというのがあって

定期購読しませんか?

とか

このセミナーに参加しませんか?!

 

という展開になる。

 

これはネットセールスを知っていれば当たり前のセールス方法なのでびっくりすることはない。
俺もはじめはびっくりしたのだが・・・

申し込みやすいお試し商材を試してもらって、本当に買ってもらいたいものを後でオファーしてくる。

違法でもないし詐欺でもない。
セールスでは当たり前のこと。

専門用語で「バックエンドオファー」という。

例えば化粧水のお試しセットが送料のみ、気にいったら毎月継続して購入してください。
ワンランク上のさらに高級化粧品の購入を今すぐ申し込むと、2万円の化粧水が60%オフの8000円。

みたいな売り方だ。

これはダイレクトセリングでは非常によくあるパターンなのだ。

ダイレクト出版は書店に本をおろさないオンライン出版社だ。
大阪の企業で2006年に創業された。
社長さん達が読む本や参加するセミナーがメイン商材だ。

1冊紹介すると大体2000円ぐらいの報酬が入る。
アフィリエイターなら体報酬のAmazonの本を紹介するより、こういった本をオススメしたくなるはずだ。

知らない人は怪しく感じるかもしれないが、ダイレクト出版の本はマーケティングのプロ向けの本が多く、本職のデザイナーやWEBディレクター必読の本が何冊かあるのだ。

 

社長さんは数千円の一般書籍ばかり読まない。

例えば、

金持ちには高級車を売らないと失礼。
一般市民に高級車をいきなり売ろうとしてもダメだ。

社長夫人に1000円ぐらいのカジュアルな天然石をオススメしても失礼になる。

ターゲット層が全然違うのだ。

富裕層には富裕層にオススメする商材というのがなければ失礼なのだ。
経営者には経営者に必要な情報を提供する出版社があるということ。

逆に安くしても買ってもらえないので、専門書の価格帯は3000円〜5000円

プログラマーの専門書も結構高い。
医療関係の本はもっと高い。

ダイレクト出版の本も本来そういうこと。
それがここ数年ブロガーが紹介しだしてからちょっとおかしな印象になってきた。

ダイレクト出版の本の広告が出るということは、きっとあなたは「ネットビジネスで稼ぐ方法」「ブログで稼ぐ」「ネットで集客する方法」などといったキーワードで何度か検索した経験があるはずだ。

一般の人はこういったキーワードで検索することはあまりない。
つまりあなたに必要かもしれないから広告が表示されているのだ。

広告を出すと費用がかかる。
購入する見込みのない人には広告は配信しても無駄になる。

ダイレクト出版は経営者層をターゲットにアフィリエイトの仕組みを取り入れてダイレクトマーケティングしている会社。
違法性も詐欺性もない、頭のいい会社だ。
業種によってはかなり勉強になるでだろう。

ここまで説明して必要だと思えば買ってみればいいし、不必要だと思えば買わなければいい。

しかし私は思う。

ネットビジネスに取り組むなら数冊は必読だ。
もう一度書く、数冊読むことは必須だ。

マーケティングを知っていれば、ダイレクト出版の本やセミナーの売り方など怪しくもないし詐欺だとも思わない。
ネットではごく当たり前の販売方法なのだ。

これを怪しいとか詐欺だとか言っている時点で素人丸出しなので逆に恥ずかしい。
くれぐれもバックエンドオファーの高額なものは買わないように!
アフィリエイトや普通のネットビジネスでは不要だ。

お金と時間をどこに投資するのか?

本を一冊読むのって結構大変だ。

私もじっくり時間をかけて本を読むので、「儲かるから」とか「オファーしやすいから」とかではなく、厳選して本当に読むといい本を紹介している。

私がWEBクリエイターの育成事業にいた時に「WEBクリエイターが読むといい本」ということでこの出版社の本を知った。

広告業界のプロフェッショナルな本だ。

 

現代広告の心理技術101 セールスコピーライティングをマスターするための必読本

経営者向けの本じゃなく、こういうブロガーでも活用できる本は読んで損はない。

特に商品を上手にアフィリエイトしたい人や、セールス・コピーライティングを学びたい人は必読だ。

お客が買わずにいられなくなる心のカラクリがわかる。

これを知ってしまえばアフィリエイト商材の紹介記事作成も数倍レベルが上がるだろう。

現代広告の心理技術101

詳しくはコチラ

 

「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」はプロフェッショナルのためのセールスマーケティング

先日注文して読み終わったところだ。

私が読んでも知っている内容ばかりだ。
つまりネットでものを売ったことのない人にとっては必須スキル、というわけだ。

加藤将太さんやだいぽんさんの講座でも同じテクニックが学べるが、本で読むのも脳にいい刺激になるだろう。

本の内容は娯楽の本のように面白いものではない。
でもネットで商品を紹介する仕事を選択したならば必須の内容がまとまった一冊だ。

  • セルスライティングを知らない人は勉強になる
  • セールスライティングを実践している人は、セールスライティングの説明の仕方(教え方)がわかる

クリックしてセール中なら即買いがおすすめ

ウェブセールスライティング習得ハンドブック

定価は3,980円のちょっと高めの本だ

 

 

つづきの特別講座視聴ページをメールでお送りします。

アフィリエイトカフェの収益とアクセス数を公開して高単価集客の戦略を解説。

*メールアドレス
*スパム対策(チェックしてください)
スパム対策

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ふなさん

ふなさん(YOAKE Web)  WEBメディア運営 / クリエイター(音楽・イラスト・書)
ブラック会社が横行している世の中に疑問を抱き、個人でも雇われずに生きていく方法を提唱中。会社に頼らなくてもネットで独立できるようアドバイスしている。

  • ブログ年収1年目 36万円
  • 2年目 120万円
  • 3年目 230万円
  • 4年目 500万円
  • 27歳 フリーランスを12年、出版社のサイト運営・通販システム構築など
  • 39歳 WEBデザイン系のサラリーマンになるが、結果・・・ブラック会社をたらい回しになりうつ病に。ただのウツだと思っていたら、ADHDということが判明。人生の闇、社会の闇を味わう
  • ここのままサラリーマンを続けてもウツがひどくなる可能性が高く、サラリーマンはあきらめて自分で収入源を作ることに。いろいろ調べてみると昔は稼げないと思っていたアフィリエイトで成功している一般人がたくさんいることがわかり「自分にもできる!」と思いアフィリエイトを実践してみることに。
  • 42歳 ブログ開始。アフィリエイトで独立
ランキングに参加しています。ぽちっと! アフィリエイト人気ランキング

-コピーライティング講座
-,

Copyright© アフィリエイトカフェ Affiliate Cafe , 2020 All Rights Reserved.