失敗しない個人ブログの作り方


    失敗しない個人ブログの作り方

    個人のブログ運営は気楽で楽しいものですが、一般的なインターネットのマナーを知らずに運営した結果、炎上して信頼を無くしてしまうこともあります。こうなると、最悪せっかく育ててきたブログを閉鎖せざるを得なくなる場合もあります。

    ブログ運営で最も大切なのは、読者の信頼を損なわないことではないでしょうか?

    失敗しない為の個人ブログの心得

    個人ブログはなんでも書きたいことを書いていい訳ではない

    個人ブログはなんでも書きたいことを書いていい訳ではないです。

    インターネット上で誰でも読める状態で記事を公開するわけですから、不特定多数が通るような公道で演説をする様なものです。私はいつもそういう意識を持ってコンテンツを制作しています。

    読者に不快を与える様なブログはインターネット上の害でしかない

    読み手にとってメリットのある記事を書いて積み重ねていかないと、ブログの信頼は失われます。信頼できるブログだからこそ、紹介するものが売れたり、読者登録してもらえたり、相談してもらえたり、意見に共感してもらえたりします。

    実際の人間関係でもそうですよね。信頼が大事です。

    人の尊厳を傷つけることをやってはいけない

    ブログやSNSなどでネット上の個人間の距離が近くなっていますが、個人を名指しで批判したりすることはよっぽどで無い限り避けるべきです。

    今は現在地と時間とが結びついているSNSがたくさんあります。インターネットの情報と現実の情報がとても近くにあり、あなたの現在地だって特定できてしまう場合があります。

    完全なる善の世界、例えば美味しいものを素敵なお店で食べていることはとても素敵なシェアですが、その人がどこかで恨みを買うようなことをしていたら、その善の世界は第三者からみると妬みの温床になります。

    今の日本は健康的にも経済的にも絶望の淵に立たされている人たちが多いと感じています。僕もその一人でしたから。そういう人たちが集まりやすいのがネットの世界だということも理解した上で、愛のあるシェアを心がけましょう。

    SEOに弱いブログのパターン

    SEOに弱そうなブログを結構見かけます。どんなパターンかというと一つの記事自体が雑談になってしまうパターン。

    • ブログ記事前半はその記事でネタにしたい話題
    • 後半に全く違う話題、例えば今日食べたものなどや日記的な別のことを長々書いてしまうパターン

    こういうパターンのブログは一つの記事に統一性がなく、SEO的にも検索エンジンから記事に専門性がないと判断されてしまい、検索順位が上がることはありません。前半で伝えたかったことや紹介したい商品のインパクトが消えてアフィリエイトするにも成約しにくくなります。一つの記事では終始同じ話題について書くことが失敗しないブログを作る方法です。

     

    メールマガジン|無料WEBセミナーをプレゼント中

    アフィリエイト動画講座・無料PDFレポートなど無料プレゼントを差し上げます。

    プレゼント1 ブログメルマガアフィリエイト基礎講座(39分)
    プレゼント2 初心者でも速攻で5万円稼ぐ動画講座(約17分)
    プレゼント3 あなたの強みを生かす自己プロデュース講座(約36分)
    プレゼント4 ステップメール初級講座(約10分)
    各PDFレポート付き
    その他、無料でたっぷりノウハウをプレゼント!

    【もらえる講座・詳細】

    ぼく自身、アフィリエイトを始めた時に全くお金がなかったので、お金のかかるWPテーマや教材などを一切使わずに、ある程度稼げるようになりました。
    あなたにもできるだけお金をかけずにノウハウが身につくようにお伝えしていきます。例えば、今あなたがお金を持っていなくても、お金を作って教材を買う方法などもお教えします。実際、ぼくはお金がないところからスタートしていますから。

    独学でやってきたけど失敗してばかり、これから取り組むけど成功方法を知りたい、そんな人には大きなヒントになるはずですし、成功も近くなるはずです。

    メルマガに参加したことがきっかけで実績を伸ばしている人もいます。

    まずは気軽にメルマガを読んでみて、合わないと思ったら解除してください。

    *メールアドレス(Gmail推奨)
    *チェックしてください
    ロボッットではありません(スパム対策です)

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう


    友だち追加数

    LINE@でも気軽にメッセージ、相談受けています。

    SNSでもご購読できます。